厚内小学校

札幌駅でPR活動!!

2014 年 10 月 1 日(水)11:24 | admin |

今年で3回目となった、厚内小浦幌小6年生による修学旅行での浦幌町PR活動。

去年と同様、札幌駅西改札前で1時間、PR活動をさせてもらいました。

PR活動の内容

・子どもたちが作成した浦幌町PRパンフレットの配布

・浦幌小の畑で育てたじゃがいも、玉ねぎの無料提供

 

子どもたちが時間をかけて調べ、作成したパンフレットは町の説明から産業、施設、観光、文化、イベント、町内の飲食店、特産物まで、とても詳しいものです!

 

じゃがいもや玉ねぎを並べた途端、人だかりが(笑)

PR活動

 

 

 

 

 

 

 

最初は緊張してなかなか声をかけられなかった子どもたち。

でも、徐々に自分から声をかけられるようになっていきました。

看板や旗を持つだけの子も、「浦幌町PR中でーす!」などと

元気にPRができるように。すごい!!!

 

札幌の方も子どもたちの声に耳を傾けてくれます。

子どもたちの作った野菜も嬉しそうにもらってくれて

子どもたちもとても満足そうな顔をしていました。

IMG_1207

 

 

 

 

 

 

 

うらは・ほろまも「かわいい」と大人気!!!

多くの方が写真を撮ってくれました!

IMG_1290

 

 

 

 

 

 

 

「浦幌町ってどこ?」「初めて聞いた」という

札幌の方もいらっしゃいましたが、子どもたちの説明と

パンフレットで浦幌を知ってもらうことができました。

子どもたちのパンフレットを見ながら、子どもたちの作った野菜をおいしく食べてくれたのではないでしょうか。

IMG_1322

サケのさばき方教室

2014 年 9 月 19 日(金)14:52 | admin |

厚内小学校で「鮭のさばき方教室」が行われました。

浦幌小学校6年生と厚内小学校の児童との交流学習の一環です。

鮭のさばき方を説明する関井さん

 

 

 

 

 

 

 

 

講師は関井雅明さん(厚内)です。関井さんから鮭の生態やさばき方について説明を受けた後、グループに分かれてその日揚がったばかりの鮭を自分たちで3枚におろします。

 

まず、関井さんから鮭の生態やさばき方についての説明です。

「自分たちにもできるのかな?」と少し不安な様子。

しかし実際に鮭を目の前にすると、おそるおそるつついて「鮭の皮って硬いんだ」とつぶやく子。持ち上げて「すごく重たい」とその重さに驚く子。子どもたちは興味津々!

サケに興味津々の子どもたち

 

 

 

 

 

 

 

次にマキリを手にし、実際にさばいていきます。「これは白子で、これは心臓…」。最初はおっかなびっくりだった子どもたちも少しずつ慣れ、どの子も積極的に作業に参加していきます。

協力して鮭をさばいている様子

 

 

 

 

 

 

 

 

鮭をさばいた後は体育館で給食交流会。自分たちがさばいた鮭を調理していただきました。メニューは「サケの味噌マヨ焼き」!

P1000156

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがとってもおいしい!自分でさばいた鮭ということで、一層おいしく感じているようでした。

栄養教諭の工藤先生から鮭の栄養についてのお話もありました。実際に自分たちで鮭をさばいた後だからこそ、より子どもたちに伝わるお話でした。

P1000161

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鮭の生態、鮭の栄養、鮭の食べ方、そして地元産業。

体験することで学びが深まる、とても素敵な授業でした。

修学旅行で浦幌アピール!!

2013 年 10 月 8 日(火)14:38 | 浦幌小学校 |

988745_403000843156064_1855804802_n

 

浦幌町6年生!(浦幌小&厚内小)

修学旅行で、町のPR活動をしてきました!!

舞台は、札幌駅改札口。
内容は、浦幌町のイメージキャラクター「ウラハ」「ホロマ」を通して、自分たちの町のことを知ってもらいたい!


と、ウラハホロマ新聞の配布。

町の看板、カントリーサインを自分たちがデザインしたものに変えたい!
という提案とアンケート調査。

一人一人が、札幌駅を歩く人たちに、積極的に話しかけ、自分たちが生まれ育った町をPRする。
子どもたちの声に、足を止め、耳を傾け、真剣に、そして温かく受けこたえてくれる。

人と人との繋がりが、希薄になりつつある現代で、初めて巡り合った、人と人が、こんな風に、笑顔を交わし合える。

たった1時間で、200人以上もの人に、浦幌町を知ってもらえた。浦幌町に興味を持ってもらえた。

子どもたちの持つパワー、可能性を再発見し、確実に頼もしく成長している姿に感動した1日でした!

ワークショップ開催!

2013 年 2 月 4 日(月)22:32 | admin |

2月4日

 

今年初のワークショップが開催されました!
前回のおさらいから始まり、次へ向けたアイデア出しに盛り上がっていました!!

ありがとうの会~民泊の事後学習

2013 年 2 月 1 日(金)21:44 | admin |

2月1日に浦幌小学校で開催された民泊でお世話になった農家さんへの「ありがとうの会」

 

DSCN0451 (800x600)

 

浦幌小学校と厚内小学校の5年生で行いました。

DSCN0452 (800x600)

 

DSCN0462 (800x600)

 

子どもたちが自ら企画し、準備を進めてきました。

DSCN0469 (800x600) DSCN0470 (800x600)

 

浦幌町産の食材をふんだんに使った会食では、お世話になった農家さんと思い出話や、その後の学校生活の話など。。。

少し照れくさそうに話す姿も印象的でした。。。

 

DSCN0482 (800x600) DSCN0493 (800x600)

 

厚内小学校の子たちは、スクールバスの関係でここでお別れ。。。

その後は、浦幌小学校のメンバーで、器楽演奏と合唱を披露!!

 

DSCN0507 (800x600) DSCN0517 (800x600)

 

全ての町内の小学5年生が授業の一環で参加する「民泊」

今や日本中で注目される事業です!!

 

身近であるにも関わらず、子どもたちの普段の生活では気づかないことがたくさん!!

そんな、子どもたちの心を動かす活動が今後も展開されていきます。

 

 

 

 

 

 

子どもの想い実現プロジェクト情報2

2013 年 1 月 24 日(木)22:30 | admin |

【冬のイベント】

1月24日

 

これまで51の提案があった中の「しゃっこい祭り」「駅前冬祭り大作戦」をワークショップで組み合わせ冬のイベントという形に組み合わせたイベントで、冬期間のイベントがあまりない浦幌でも子どもと大人が一緒に参加できる『町民参加型のイベント』です。


一例としては、[町民みんなでアイスキャンドルを作成し駅前や森林公園などに設置・点灯式を行う]、[寒(缶)けり]など、他にもさまざまな案が挙がってます。

実現へ向けて現在調整中です!

子どもの想い実現プロジェクト情報

2013 年 1 月 21 日(月)22:27 | admin |

【浦幌ミルク麺プロジェクト】

 

1月21日


これまでに企画提案があった中の「ミルクラーメン(小麦・浦幌牛乳)」「エゾバイを使った料理(魚介類)」「ベジニョッキ(野菜・小麦)」の3つを組み合わせた食べ物で、
『浦幌ミルク麺』を食べることで浦幌町の魅力や特産がわかるというB級グルメを町内に広めようというものです。

①麺類

②浦幌牛乳を使用

③地元の野菜・魚介類を使用する

というシンプルな3つのルールを定義し、各飲食店でアレンジしやすくしました。

2012年度スタート!!~うらほろふるさと教育推進会議~

2012 年 4 月 25 日(水)23:53 | admin |

DSC_0617 (800x600)

4月25日に浦幌小学校の会議室にて、今年度の第1回会議が開催されました。

町内の小中学校から代表者が集まり、下記の通りの議事を進めていきました!!

(1)今年度の運営体制

(2)今年度の活動について

①各校の取組状況について

②民泊体験について

③教員の民泊体験について

④教育大釧路校との連携について

⑤その他

 

①では、昨年度から今年度にかけての各校のとりくみが紹介され、交流を図りました!

④では、教育大のカリキュラムにも組まれたことが紹介されました!!

 

さあ、今年度の子どもたちは、どんな学びを創っていってくれるのでしょうか?

大人が進めさせる学習ではありません。子どもたちが自ら考え、大人にない発想を育む学びです!!

 

二校交流学習より

2012 年 2 月 29 日(水)09:32 | 上浦幌中央小学校 |

恒例の町内複式校交流学習を11月18日に上浦幌中央小学校で実施しました。

毎年の「山の学校と海の学校」の交流ということで、本年度は上浦幌在住の野菜ソムリエ、十字満さんのお力をお借りして、ビートのお話しや野菜のお話をしていただきました。

グループに分かれてビートを切ったり、おろしたり、また糖度を測るなどしてビートの特性を学びました。

CIMG2026

 

CIMG2027

 

CIMG2028

 

CIMG2029

「一つのビートから何グラムの砂糖がとれるとおもいますか?」の問いにはみんな真剣に計算し、予想を立てました。

ほかにも、「大根の上部と下部ではどちらが甘いか?またそれはなぜか?」など理にかなった植物の成長を楽しく学習することができました。

昼食は体育館で、和気あいあいの給食タイム、みんなでおしゃべりをしながら楽しい一時を過ごしました。

二校交流学習計画_page0001 (566x800)

「子どもの想い実現事業」意見交換会

2012 年 2 月 20 日(月)10:50 | admin |

子どもたちが考えた様々な「町づくり」アイディア。

それをどう実現していくか・・・それが地域の大人たちの役目。実現方法を考えていく場が設けられています。

ここに集まったのは有志の方々。それぞれの立場は超えて、子どもたちの想いの実現に向けて動き出します。

第1回は12月9日 場所は中央公民館。

第2回は1月25日 場所は同じ。

この会の座長になった浦幌印刷の高室智全さんが、

「子どもたちが考えた脚本をどう劇にしていくか」

「これは無理だ という発想はなし」

と最初に挨拶。

DSCN2881 (800x600)

グループに分かれて、子どもたちのアイディアを整理。

DSCN2885 (800x600)

グループごとの視点で整理したものを発表。

DSCN2886 (800x600)

 

DSCN2888 (800x600)

各グループから発表されたものをもとに、今後の最初の方向性を決定。

 

今後、第4水曜日を原則に、定期的にこの会を開催していくことになりました。

 

第3回は、2月22日(水)となります!!