2012年1月の投稿記事

厚内小学校 サケの燻製づくり!

2012 年 1 月 27 日(金)22:46 | 厚内小学校 |

1年間を通してサケの学習をすすめている厚内小学校。

今年度、燻製づくりを行いました。このとりくみは以前に行われていたこともあったようですが、地域の方々のご協力を得て、復活しました!!その様子を・・・

 

① (800x534)

12月19日

漁協女性部の方々やお母さんに教わりながらサケを三枚におろして身を三つにわけました。

② (800x534)

このようになります。 そのままでも おいしそう。

③ (800x534)

これを秘伝のタレにつけこみます。その分量がとても大切…砂糖,塩,水・・・そして 後は秘密・・
自分の目,舌で確認します。

④ (800x534)

いよいよつけこみ。冷たい場所で,3日間漬け込みます。
一日一回,魚を動かしてまんべんなくタレをしみさせます。

⑤ (800x534)

3日経ちました。魚をきれいに洗って乾かします。
煙がしみこみやすくするためです。この作業を風乾といいます。

⑥ (800x534)

みんなで協力して,棒に魚を並べます。身がくっつかないように間隔をしっかりあけます。これが けっこう 難しい。

⑦ (800x534)

小屋に並んだサケの身です。これを約1カ月 小屋で乾燥させます。
動物が近づくと衛生的に×なので,戸をしっかり締めます。
時々小屋に行って魚がくっついたり凍ったりしないように確認します。

⑧ (800x534)

さあ,いよいよ燻製作業です。しっかり乾いたさけを アルミの棒にかけます。

⑨ (800x534)

これが厚内小学校自慢の燻製小屋…50匹以上のサケを一度に燻製できます。

⑩ (800x534)

みんなで協力して さくらのチップを燻製小屋に入れます。
こぼさないように そっとね。

⑪ (800x534)

小屋の中はこうなっています。

⑫ (800x534)

煙が出てきました。 あとは おいのりするしかありません。おいしくできますように。

⑬ (800x534)

待っている時間に,講師の差間さんが作ったスモークサーモンの試食をさせていただきました。

⑭ (800x534)

私たちが作っている「温燻」の燻製と違い,差間さんの作った「冷燻」は,とても柔らかく口の中でとろけます。

⑮ (800x534)

パンやチーズと一緒に食べてみました。
「うまい!」  このサケも厚内でとれたサケです。

⑯ (800x600)

そして,さけのくんせいが完成しました。
味付けもばっちり。
とてもおいしくできあがりました。

⑰ (800x534)

パックに詰め,ラベルも貼って出来上がり。
お世話になった方々に,お礼の手紙をつけて配りました。

⑱ (800x534)

近い将来,厚内小学校生産の燻製が発売されるかも!?


ゆたかなふるさと 「厚内」ならではの燻製づくり となりました。

魚の準備から下準備,燻製作業まで ご協力いただいた地域の皆様に心より感謝いたします。

厚内小 さけ孵化しました!

2012 年 1 月 18 日(水)02:37 | admin |

10月にみんなで授精をしたサケのたまご。

その後、大事に大事に育ててきて・・・

ついに12月下旬に孵化しました!!

12月 009 (800x600)

 

12月 039 (800x600)

 

12月 043 (800x600)

水温管理がとても大事です!

常に状態をチェックして来春の放流を目指します!!