2012年9月の投稿記事

金時脱穀&選別作業~上浦幌中学校

2012 年 9 月 24 日(月)23:13 | 上浦幌中学校 |

9月24日(月)金時の脱穀と選別作業を行いました。

畑にあったにおを、作業を行うブルーシートまで移動させ、
パネルから金時をおろして均等になるようにします。

IMG_7758 (800x533)

丸い棒でたたくと、赤い金時豆が飛び出してきます。
たたいても出てこない時は、かわをむいて金時を取り出します。

IMG_7761 (800x533) IMG_7775 (800x533)
出てきた金時を集めて唐箕(とうみ)にかけ、ゴミを取り除きます。

IMG_7780 (800x533)
きれいになった金時豆は体育館ギャラリーで選別しました。

IMG_7800 (800x533) IMG_7805 (800x533)

色や形がきれいなA級を本別にある岡女堂さんで甘納豆に加工してもらいます。

今年度の畑での作業はこれで全て終了です。
ちなみに、先日脱穀をした小麦は昨年の4倍の収穫量でした!!
本日脱穀をした金時豆は全体量は昨年よりも少し多いくらいで、甘納豆になるA級は去年並の量でした!!
この後は、しばらくは作業がお休みになります。
そして、11月には小麦を使った調理実習が行われます!!

小麦の脱穀&金時刈取り作業~上浦幌中学校

2012 年 9 月 13 日(木)23:18 | 上浦幌中学校 |

春先からの継続的な学びもいよいよ小麦の脱穀作業と金時の刈り取り作業が行われました。

PTAの方々や地域の方々のご指導をいただきながら、午前中4時間の作業となりました。
気温も高く、暑い中でしたが、後片づけまでみんな一生懸命に取り組みました。
自転車小屋で1か月ほど干した小麦を
地域の方々が貸してくださった機械(ベージュ色のもの)や
電動式(青色のもの)、足踏み式(トゲトゲした部分があるもの)を使って脱穀しました。
その後、唐箕(とうみ)を使って小さく残っていた小麦のカラをきれいに取り除きました。
CIMG1641 (800x600) CIMG1664 (800x600)
CIMG1682 (800x600) CIMG1702 (800x600)
IMG_7606 (800x533) IMG_7666 (800x533)
今年は夏休みに登校日を設け、小麦にとって良い時期に刈り取り作業ができたこと、
小麦が雨にあたらずに干せるように、PTAや地域の方々の協力をいただいて、
自転車小屋を改造できたこと、そして生徒の頑張りが良い収穫につながりました。
まだ計ってはいませんが、量もかなりたくさんあります。
いつも指導してくださっている、畑の先生:松田さんからも
「近年、まれに見る良いできだ!」とお褒めの言葉もいただきました。
IMG_7696 (800x533) IMG_7710 (800x533)
IMG_7714 (800x533) IMG_7715 (800x533)
金時は鎌で刈り取り、その後におを積みました。
24日(月)に脱穀、選別作業を行います。

初めての漁業体験~上浦幌中学校2年生

2012 年 9 月 7 日(金)23:31 | admin |

初めての試みです!!

上浦幌中学校の先生たちから「ぜひ生徒たちに漁業体験を」という依頼に、水沢町長、そして前町長の八木さんらが準備をすすめてくださり、素晴らしいとりくみになりました!!

9月7日(金)、2年生6名が参加しました!

 

そして、素晴らしい快晴!!「こんな日はないよ」と言われるぐらいでした!!

まずは到着してすぐに船に乗せてもらいました!!

上中漁業 (1)

海側から見る浦幌町。これも貴重な体験です!

10分ほど進むと、そこにはサケの定置網。

上中漁業 (2)

 

これも間近で見られる経験はなかなかありません。

ここが、漁師さんたちが「はたらく場」なのです。

 

そして・・・この船の船頭さん。

上中漁業 (3)

漁師さんはたち、海の上で輝いていました!!

本当にかっこよかった!!

 

03 (800x600)

 

今回は、主に若手の漁師さんたちが地元の子どもたちのためにと、仕事が終わりお疲れのところ、協力してくださいました!

上中漁業 (4)

 

生徒さんたちが、輝くサケを次々と網に入れていきます。

そして、雌雄の選別作業。

上中漁業 (5)

八木前町長さんが優しく教えてくれました。

 

上中漁業 (6)

 

う~ん、どっちだろう??

やはり、結構間違いがありました。

漁師さんたちやその奥様たちは、ぱっと見て識別。さすがです!!

上中漁業 (7)

 

上中漁業 (8)

今度は、解体作業。

全員が体験。見事にできました!!

生徒さんたちが、「いくら」を大事に扱っていたのが印象的でした(笑)

 

その後、場所移動です。

漁師さんたちが漁を終えた後に朝食を摂ったり体を休める場所です。

 

そこで待っていたのは。。。

上中漁業 (9)

一口食べると、自然と笑顔が出てしまうとはこのこと。。。

サケのチャンチャン焼き、いくら、マツカワの刺身、、、生徒たちも先生たちもさらに目が輝きました!!

「今度は、野菜を持って来てね~」という漁師さんの声が聞こえました。

 

日本の食糧基地である十勝。

そして、この浦幌では海も山もあります。

上浦幌中学校の場所は「山地」

この学習の経験と、おいしい海の幸と、漁師さんの心遣い・・・

互いに支え合いながら生きていることをいずれ実感してくれるのではないでしょうか??

 

上中漁業 (10)

最後に、八木さんに漁師の仕事や生活について質問です。

上中漁業 (11)

漁で使う網を直接触れて確認させてもらいました。

生徒さんたちの真剣な目が!!

 

今回のとりくみも、先生のアイディア・生徒たちの学びたいという心、そしてそれを受けとめて実現してくれる浦幌町の皆さんにより進められました!

みんなが『次世代の子どもたちに』という想いは一緒。

まさに『うらほろスタイル』の学びでした!!

 

上浦幌中学校では、年度末に今回の学習も踏まえた「まとめ」が行われます。