2014年11月の投稿記事

「まちなか農園」テーマに 活性化案発表会

2014 年 11 月 21 日(金)17:58 | admin |

 

11月21日(金)午前10時~12時、浦幌町コスミックホールにて平成26年度浦幌町立浦幌中学校「総合的な学習の時間-地域活性化案発表会」が開催されました!今年はテーマを絞り、「まちなか農園」を活用したまちづくり企画が提案されました。

まちなか農園とは、町民の方が生涯働ける場と多世代が多様な価値観に触れる交流の場を作るとともに、付加価値の高い農産物を生産し、若者のしごと創造につなげることを目的に、来年4月から開設される農園です。第1弾はハマナスを植える予定です!

中学生たちは、講演会や「バスツアー」を通じて浦幌町や町の課題について学んだ上で、町活性化に向けた案を自分たちで考え、今日は待ちに待った発表会です。

IMG_2661

 

 

 

 

 

 

 

それぞれの提案と、目的をまとめてみました。

1班「みのり祭りwithまちなか農園festival」

⇒今あるものを活用しながら新しいものをつくっていくこと

2班「うらほろふーどウォーKING!」、3班「B・V・U」

⇒観光客を呼び込んで知名度をあげていくこと

4班「ベジタブルPICKING」、5班「ハマナスcafé」

⇒働く場所をつくること

6班「浦PIZZA会」

町民同士の結びつきを強くすることで、活気ある町にしていくこと

このように、どれも素敵な提案ばかりです。

どの班の発表も堂々としたもので、斬新で楽しい案ばかり。また、どの班の発表も、浦幌町を活性化するための方法が様々な視点から深く考えられていました。子どもたちが町に愛着をもち、だからこそその活性化に向け、真剣に考えているのだということを感じました。

IMG_2687

 

 

 

 

 

 

 

写真は、聞きに来た町民の方が子どもたちに質問しているところです。

子どもたちの想いに耳を傾けてくれる大人がいるのは本当に素敵なことです!!

中学生による発表からは、中学生たちが、「総合的な学習の時間」を通して浦幌町の魅力を再確認し、町内外の多くの人に、あらためてその良さを知ってもらいたいという思いを持って、一生懸命に取り組んできたことが感じられました。こうした思いを持った子どもたちが将来町の担い手となり、活躍していくことになるのだと思うと本当に楽しみです。

 

この提案は子どもたちから町長に渡され、それがうらほろスタイル推進地域協議会に任され、子どもの想い実現ワークショップに引き継がれます。

子どもの想い実現ワークショップでは、子どもたちの提案の実現に向けて月に1回ほど、地域の大人たちが有志で集まり、実現可能なカタチにするための話し合いを行っています。

子どもたちの熱い想いを受け、今年の企画も大人たちで実現できるよう、取り組んでいきたいと思います!!

「食」始まり~終わりまで体験

2014 年 11 月 13 日(木)17:43 | admin |

11月13日(木)、上浦幌中学校で調理実習が行われました。この取り組みは、自分たちの手で中学校の農園に小麦や野菜を育て、収穫した作物を使って調理実習を行うというものです。作物を「植える。育てる。収穫する。調理する。いただく。」という行程をすべて自分たちで行うことで、自分の地域のもつ素晴らしさや食のあり方について学んでいきます。

 

調理実習では5~6名ずつの縦割り班に分かれ、班ごとに考えたメニューを数品ずつ作りました。調理が始まると、手際よく作業が進んでいきます。手が空いたら自分で次の仕事を探す、分からないことは上級生に聞く等、生徒一人ひとりがそれぞれの責任を果たしていました。

食材には「春よ来い」(小麦)はじめ、「知愛」の時間に自分たちが栽培した食材が使われました。

 

完成したメニューがこちら。どれもとってもおいしそう!

IMG_1784

 

 

 

 

 

 

カレーパン

 

 

 

 

 

 

IMG_1792

 

 

 

 

 

 

ドーナツ

 

 

 

 

 

 

ハンベーグル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調理終了後、お世話になった方たちをお招きしての試食会。どの料理も大変な好評で、試食会も大盛況のうちに終了しました。

「食」の始まりから終わりまでを体験することは、それほど簡単なことではないと思います。上浦幌中学校のみなさんには、ぜひ自分たちの取り組みに誇りを持って欲しいです!