小麦の脱穀、野菜の収穫

2014 年 9 月 10 日(水)12:01 | admin |

上浦幌中学校で小麦の脱穀と作物の収穫が行われました。上浦幌中学校では全校生徒協力して春から小麦や野菜を育てていました。

 

この日は刈り取った小麦の脱穀と野菜の収穫です!当日はたくさんの農家さんがお手伝いに来てくださいました。

 

地域の方から借りた機械を使って直接指導を受けながら作業。小麦農家さんではもう使われなくなった手動の脱穀機なども使いながら丁寧に脱穀していきます。すべてが大型機械で進められるようになった現在でも、農業者が培ってきた知恵や技術は子どもたちにも伝わっていきます。脱穀した後は唐箕を使って小麦を選別します。(唐箕:風力を起こして穀物を精選する農具)

足踏みをしながら脱穀を行う生徒

 

 

 

 

 

 

 

 

3年生が初めての1年生に作業を教えてあげるなどリーダーシップを発揮し、協力しながらスムーズに作業を進めていました。春から愛情を込めて育てた小麦の実がどんどん袋にたまっていくのを見て、達成感でいっぱいの様子でした。

P1030884

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030912

 

 

 

 

 

 

 

 

小麦の脱穀の後は野菜の収穫。上浦幌中学校ではじゃがいもやたまねぎ、にんじん、枝豆などを作っていました。驚いたのがその収穫量。普通の学校で穫れたとは思えないような野菜の量でした。さすが上浦幌の中学生、子どもたちは慣れた手つきで、虫にも怖がることなく収穫していきます。とても美味しそうな野菜を収穫することができました。

P1030929

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさん穫れた野菜のうち、たまねぎがyou遊ナイトで10袋ほど限定販売されました。5個ほど入って100円と、とてもお買い得。今回は試験的な販売でしたが、今後町の様々な所で子どもたちが育てた野菜などを町民の方が食べられる、買える機会が増えるといいなあと思いました。

この野菜や小麦を使って11月に調理実習を行うそうです。自分たちで作った野菜を使ってどんなおいしいものを作るのでしょうか?とても楽しみです。