二校交流学習~砂のアート作り~

2010 年 9 月 22 日(水)20:25 | 厚内小学校 |

浦幌は海あり山ありという、とても贅沢な場所なのです。

今回の学習の舞台となったのは厚内地区。浦幌にある3つの小学校のうち、唯一太平洋に面する海のある地域になります。

交流学習は毎年恒例ですが、今年度からは二校の学習となり、文字通り「山の学校(厚内小)と海の学校(上浦幌中央小)」の交流となったのでした。

今年度は、残念ながらサケが川を遡上する様子や漁を見学することはできませんでしたが、その分、砂浜での交流はたっぷりとできました。

開会式①

 

 

 

まずは全員揃っての開会式。

 

自己紹介①

自己紹介ゲームでみんな仲良くなります。

「自己紹介がどきどきした。自己紹介終了の笛が鳴ってほっとした。」


相談タイム①

相談タイムです。子ども達は自然の中で自ら考え、大人には思いつかないような創造的な発想を次々と生み出します!!

そして、いよいよ開始!子ども達はもちろん大張り切りですが・・・こんな広い海を前にした豊かな自然の中では大人だってうきうきします!

アート⑧アート⑲

あっちの校長先生も、こっちの校長先生も、子どもたちより熱心!?

 

いやいや、やっぱり子どもたち。みんなで支え合って創っていきます。大事なのは出来映えではなく、このプロセスなのです。

「砂のお城を作っている時に,みんなアイディアをたくさん言っておどろいた。」

アート⑥ アート⑩ アート⑬

 

そして、子どもたちの素晴らしい力作と笑顔をご覧下さい。

グループ① グループ② グループ③

 

グループ④ グループ⑤ グループ⑥

「砂のアートで力を合わせてできました。うれしかったです。」

 

給食②

学校に戻ってからは一緒に給食を食べたり、厚内小学校育ちのサケも観察しました。

ここ厚内の海からは多くの漁師さんたちがサケを獲りに出港するのです。